読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産合計38円(生活のエンタメ化)

f:id:mochapi:20160522211613p:plain:w300

何でかいつも困窮している。
決して満足にお給料を頂いていないわけではなく、ブランドバッグをモリモリ購入しているわけでもない。
でも、なぜだかいつもお金がない。
本当になんでかわからないのだけど、それは今回の本題ではない。

いつもお金がないと言いつつも、そこまで不幸な週末を送っていないので、来月の自分のために「お金がない時の楽しいことリスト」をつくってみよう。

お金がない時の楽しいことリスト

生活をじっくりやってやる編
  • よく寝る(今週末は30時間くらい寝た)
  • 徹底的に家の掃除をする(暇ならある)
  • 時間のかかる料理をつくる(カレーが好き)
  • お茶をいれる(お茶っ葉消化チャンス)
  • 防災グッズの点検
溜めてることをこなす編
  • その辺に積んである本を読む
  • 溜まっている制作物を消化(頼まれて作っていないものがあるので)
  • 雑誌を読む(dマガジンはよい)
いよいよやることなくなってきた時編
  • 友達を家に呼ぶ(着替えなくていいので一石二鳥)
  • 自転車で意味なく移動
  • 公園に行く(食料と寝袋持参)

なにもかもスローに見える

今週末は特にすることがなかったから、家をウロウロしてやることを探していた。
仕事と違って、時間の制限や、自分自身の作業量=コストのことなども考えなくていいので、時間から解き放たれ全てがスローに見える。
なので、私にとっては生活が娯楽になってきている。

一旦生活を娯楽と認識すると、風呂のカビ取りなんかもエンタメ化できるもの。
何かを楽しいと認識するには、ちょっとした成功体験があるといいと思うので、そういうのを意識して家の中を見回ってみる。そうすると、風呂が汚いとか、洗濯物がくさいとかいう問題が見つかる。

  • 問題提起→調査・仮説→実践→成功!ワーイ!
  • 風呂汚い→場所によって洗剤を使い分ける→成功!ワーイ!

みたいな流れができるとけっこう嬉しいもので、家にいるつまんない週末ではなくなっていくと思っている。

・・・もしかして、これって「丁寧な暮らし」ってやつなのでは?!
貧乏を強引に「丁寧な暮らし」に言い換えるチャンスのでは?!

ビジネスチャンスを感じたので今日の日記はこれでおしまい。

つくろう!福利厚生

メリ〜クリスマス!
はてなスタッフアドベントカレンダー2015 、12/24はid:mochapi がお送りします!
昨日はid:hitode909 さんと、id:amaria さんが担当していました。
三度の飯より監視と通知!Mackerelで自分の心拍数を監視しよう - hitode909の日記
わたしと働きやすい編集部と舞台 - ちいさな惑星


本日は、私が勝手に行っている、はてなスタッフ向け福利厚生をご紹介しようと思います。
(業務とは関係ない、個人の活動です)


オリジナル福利厚生その1:アイコン屋さん

はてな社内は、社内グループウェアやチャットツールを用いて会話することが多く、テキストでのコミュニケーションが重視されている文化です。
そこで使われるアイコンは、本人の顔よりも目にすることが多いこともあり、もはや顔と同じくらいの重要度と言えるでしょう。
そんなアイコンをご本人の要望に合わせて制作する、アイコン屋さんが存在するのだ!!!!
f:id:mochapi:20151224142543p:plain
こういうかんじで社内グループウェアにアイコン依頼所があるので、やる気のあるときに順番に作っています。
最初は、頼まれてないのに勝手に作って新入社員の方に押し付けていましたが、今では依頼が来るまでになってハッピーです。
アイコン屋さんはもちゃぴが提供する福利厚生なので、スタッフは無料なのです。


f:id:mochapi:20150403130425p:plain:w120  f:id:mochapi:20150610181403p:plain:w120 f:id:mochapi:20150612150216p:plain:w120
つくったアイコンの一部です。
新しく入ってまだアイコンを設定してない方や、気分を一新して別のアイコンにしたい方などにご好評いただいております。
自分の知っている人に、直接役に立つことをする体験は、けっこう新鮮で楽しいものですね。


オリジナル福利厚生その2:セレクトショップ

セレクトショップを開くのがずっと夢だった私は、社内に空きスペースを発見したので、開業してみました。社内には売店がないので、その先駆けというわけです。

2015年2月頃の様子



2015年3月には、レジも導入されました!


世界各国(主に箱根)から仕入れた雑貨と、手作りシールの店なのですが、品物のチョイスが世の中にマッチしなかったようで、廃業寸前です。

このセレクトショップではすんごい学びを得ていて、それはとても当たり前のことなんですが、店ではみんなが欲しいものを売ろう!ということです。
ショップを開くことにテンションが上がりすぎて、つい自分の大好きな品物を見て!と、自分が良いと思うものを売りがちになってしまっていました。自分が良いと思うことと、人が欲しいと思うことは別なんです。
実際に、セレクトショップで売れたものは、湯の花やゴーヤの種、耳栓など実用的なもので、手作りシールや箱根の栞などの趣味性の強いものはあまり売れませんでした。反省!
今度は、ちゃんとみんなの欲しそうなものを仕入れようと思います!


なぜ福利厚生をつくるのでしょうか

頭のなかに渦巻く楽しい企画をすぐに実践でき、反応を得られるのが、福利厚生を勝手にやることのメリットです。
自分の中で描かれている理想の世界を、社内で実現することができるのです!
そして、受け入れてくださっているスタッフの皆様には本当に感謝しております・・・くコ:彡
みなさまも、会社でオリジナル福利厚生をつくってみてはどうでしょうか!
会社が楽しくなることまちがいなしです!

明日は最終日!id:chris4403 さんがお送りします!ヒュ~!